食事で血圧をコントロールしたい!ユーグレナが効果的って本当?

高血圧は国民病とされるほど高頻度に起こる身近な病気です。

動脈硬化などの重大な病気を引き起こす原因の一つでもあり、重症化しないうちに早めに対策をとることが大切です。

 

ユーグレナは豊富な栄養素が含まれているので、なかには血圧の降下に役立つものもあります。

ユーグレナを摂って血圧コントロールに役立てましょう。

血圧が上がってしまうのはなぜ?

高血圧は血管の中を流れる血液の圧力が高くなり続けている状態のことをいいます。

この状態がさらに進むと、血管の弾力性が失われて壁に傷が付きやすくなり、コレステロールなどが溜まることで動脈硬化が促進されていきます。

 

高血圧の最大の原因は塩分の摂りすぎです。

日本人は醤油や味噌などの調味料を使用する機会が多く、世界的に見ても塩分摂取量は多くなっています。

 

また、若い世代では肥満が原因の高血圧も増えており、喫煙や飲酒、ストレスなどの生活習慣が複合的に重なっています。

血圧が高いと起こる問題とは?

血圧が高くなると血管の老化を早めて動脈硬化を進行させてしまいます。

これは血管にかかる圧が高くなるため、負担が大きくなるからです。

 

さらに、高血糖や脂質異常症など、メタボリックシンドロームとなるその他のリスクファクターが重なることでさらに動脈硬化を進めてしまいます。

血管の劣化が進行して動脈硬化の状態が悪化すると、心臓では狭心症や心不全、脳では脳梗塞や脳出血などを発症することがあります。

 

日本では欧米に比べると、高血圧が原因で脳梗塞や脳出血にかかる人が多くなっています。

このような病気は突然死の原因になることもあり、また命が助かった場合でも寝たきりや麻痺などの後遺症によって生活の質を下げてしまう事態になりかねません。

 

要介護状態になってしまうことでいきなり家族の生活を変えてしまう場合もあります。

血圧コントロールにユーグレナがおすすめな理由

ユーグレナには、他の生物には含まれていない、パラミロンという特殊な成分が含まれています。

 

パラミロンは食物繊維の一種です。

パラミロンの表皮には無数の小さな穴が開いており、人の体内に入るとこの穴に余分なコレステロールや中性脂肪を吸着させて、体外へ排出すると考えられています。

 

血管内にコレステロールが増えると血がドロドロになり血流が滞ってしまいます。

ドロドロの状態が続くと血管壁に圧をかけて血圧を上昇させてしまいます。

このことからも、コレステロールを体外へ排出することは血圧コントロールに役立つと考えられます。

 

また、ユーグレナはクロロフィルとも呼ばれる葉緑素を持ち光合成を行っています。

葉緑素は消化吸収されにくい成分で、老廃物を体外に排出させるデトックス効果があるといわれています。

 

さらに、ユーグレナに含まれる栄養素の中には、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEもあります。

ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれ、血管を老化させる原因となる活性酸素から守ってくれます。

血行促進やガン予防、生活習慣病、アンチエイジングなどに有効です。

 

このように、ユーグレナにはさまざまな効果が期待されます。

血圧コントロールだけではなく、幅広い症状に有効と考えられています。

どんな成分が血圧コントールに役立っているのか

ユーグレナには59種類の栄養素が含まれています。

それぞれ体に良い効果を与えてくれるものばかりですが、特に次の4つの成分が血圧コントロールに役立つとされています。

 

・EPA
青魚に含まれる不飽和脂肪酸です。血管の柔軟化効果、コレステロール低下作用があります。

 

・DHA
EPAと同様、青魚に含まれる不飽和脂肪酸です。血液をサラサラにする働き、脳を活性化させる働きがあります。

 

・クロロフィル
光合成を行う葉緑素です。コレステロール値低減効果が期待されています。

 

・パラミロン
ユーグレナにしかない特殊な食物繊維です。コレステロール排出効果があり血圧コントロールに役立ちます。

ユーグレナの臨床試験の結果はどうなっている?

高血圧とユーグレナの関係については、臨床試験が行われており、次のような結果が得られています。

 

ユーグレナのサプリメントを2カ月連続で摂取したところ、悪玉コレステロール値が9.25mg低下したとの結果が出ています。

その他血中の総コレステロールや中性脂肪値についても低下がみられています。

 

また、ラットを使った実験では、パラミロンを摂取させたところ、摂取していないグループに比べて60倍ものコレステロールの排出が見られています。

 

このように、ユーグレナにはコレステロールや中性脂肪などの血中脂質を低下させる効果があるとのエビデンスがあります。

血圧を上げる原因の一つとして血中脂質の増加がありますので、減少させることで血圧の低下も期待できると考えられています。

 

さらに、血圧のコントロールによって、心疾患の予防ができるとさまざまな研究で証明されています。

 

ユーグレナの成分が研究され始めてからまだ歴史が浅いですが、これからさらに発展が期待されている食品です。

高血圧に悩んでいたり、心配なので対策したいという人はユーグレナの使用を検討してみましょう。

 

 

どんなユーグレナサプリがあるの?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ