葉酸を効率的に摂取するならユーグレナがおすすめ!

妊婦・妊活中の女性にとって、葉酸を摂取することは欠かせないといわれています。

しかし、普段の食事から必要とされる量の葉酸を全て摂取することは困難であるといえるでしょう。

 

この記事では、葉酸を効率的に摂取するのに最適なユーグレナについて解説していきます。

そもそも葉酸ってどんな成分?

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種で、「ビタミンB9」や「ビタミンM」、「プテロイルグルタミン酸」とも呼ばれています。

葉酸はホウレン草の葉から抽出されたことにより、この名前がつきました。

 

また、葉酸は妊娠期に赤ちゃんの成長を助けるために欠かせない栄養素として注目されています。

 

葉酸は遺伝情報や人間の身体を構成しているタンパク質の合成などを担っている核酸の合成に関わっているものです。

核酸は細胞の生産や再生には必要不可欠といえるでしょう。

 

したがって、盛んな細胞分裂が起こる成長期や胎児には、葉酸を意識的に摂取することが重要です。

葉酸にはどんな効果がある?

葉酸は、お腹の赤ちゃんを健康的に育てるために必要な栄養素といわれています。

特に、葉酸は妊娠初期に意識的に摂取することが重要です。

妊娠初期は脳や脊髄などの中枢神経系の基礎となる神経管が形成されることなどから、妊娠前から葉酸を摂っておくことが好ましいといえるでしょう。

 

また、葉酸は赤ちゃんだけでなく、妊娠中の女性にも必要なものとされています。

 

まず、葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれていることからも分かるように、赤血球を生成するためには欠かせません。

加えて、葉酸は免疫機能や消化管機能を健やかに保つ役割も担っています。

 

他に、葉酸にはアミノ酸の血中濃度を下げる働きがあるため、高血圧や動脈硬化による心疾患のリスクを最小限に抑えるためにも役立つといえるでしょう。

葉酸が不足するとどうなる?

体内の葉酸が不足してしまうと、妊娠中の女性のトラブルにつながる可能性があります。

 

まず、葉酸が不足すると、正常な赤血球が作られなくなります。

そのため、悪性貧血の巨赤芽球性貧血を起こしたり、細胞分裂が滞ることで代謝が低下したりするなど、母体の免疫機能や消化機能に影響が出る可能性があるといえるでしょう。

 

他には、動悸や息切れ、だるさなどの不調や、動脈硬化が起こりやすくなることから妊娠高血圧も心配されます。

 

また、葉酸不足は死産や早産、胎児発育不全、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離とも関係しているといわれていることから、妊娠初期には必要とされる量の葉酸を摂取しておくことが欠かせません。

 

さらに、葉酸は細胞の分裂や増殖を促す栄養素であることから、葉酸の不足は胎児の発育の不調につながる可能性さえあります。

特に、妊娠6週末までの葉酸不足では、神経管閉鎖障害のリスクが高まるといわれています。

 

神経管閉鎖障害が起こった結果として、二分脊椎や無脳症という症状を発症する可能性もあることから、神経管障害を予防するという目的においても葉酸の摂取は重要であるといえるでしょう。

葉酸を摂取するときのルール

葉酸は妊活中や妊娠中には欠かせない栄養素のひとつとされているため、「摂取量が多ければ多いほど良い」と考えている女性もいるでしょう。

 

しかし、葉酸を摂取するときにはルールを守って摂り入れることが重要です。

 

まず、葉酸を摂取するときには、1日の摂取量をきちんと守ることが欠かせません。

1日の摂取量の上限は1000㎍とされているため、これを超えて葉酸の摂取をすることは避けるべきです。

 

妊娠時には、1日あたり480㎍の葉酸の摂取が推奨されていますから、摂取量を守るよう気をつけましょう。

 

次に、葉酸以外のビタミンも摂取するためには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

偏食やインスタント食品ばかりを食べていると、栄養バランスが取れているとはいえません。葉酸だけでなく、野菜不足になっていないかどうかなど注意をしましょう。

 

また、葉酸を摂取するときには、禁煙・禁酒をすることがポイントです。

アルコールやアルコール分解時にできるアセトアルデヒドは、葉酸の吸収を阻害してしまいます。

妊娠中は禁煙・禁酒を徹底しましょう。

葉酸を摂取するのにユーグレナがおすすめな理由

葉酸を摂取するには、ユーグレナが適しています。

ユーグレナには59種類以上の豊富な栄養素が含まれており、妊娠中に欠かせない葉酸やビタミンB12だけでなく、鉄分やカルシウムなども豊富です。

そのため、健康維持にも役立つといえるでしょう。

 

また、ユーグレナを摂取するときには、吸収率の高いサプリメントを用いて効率よく葉酸を摂取することがポイントです。

つわりが酷い場合には、十分な栄養を摂取すること自体が難しくなります。

 

しかし、サプリメントであれば、つわりのときでも栄養補給が手軽にできるというメリットもあるでしょう。

 

 

今おすすめのユーグレナサプリはこちら

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ