注目すべきは「配合量」!

様々なユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントがありますが、まず選ぶときに重要なのは「配合量」がきちんと表記されているか?

ちょっとでも入っていれば配合と謳うことができます。

 

また、基本的にユーグレナ(ミドリムシ)のサプリメントに配合されている原料のユーグレナ(ミドリムシ)はほとんどが同じものと思っていいでしょう。(ユーグレナ認定マークがあるものに限る)

 

今現在、ユーグレナ(ミドリムシ)の大量培養に成功しサプリメントにまでできる量を生産できているのは、東京大学のベンチャーが発足した株式会社ユーグレナのものだけです。

ですのでほとんどのユーグレナサプリメントに配合されている、表示名ユーグレナグラシリスは同じものです。

 

※2017年1月に株式会社神鋼環境ソリューションが「神戸ユーグレナ」の培養に成功したことを発表いたしました。様々な他の食材とコラボした商品の提供を始めています。

効果は「配合量」で違う!

では、同じ原料であれば何を選ぶ基準にしたらいいのでしょうか?答えは簡単、「濃さ」です。

 

製造コストなどを考えて1カプセルあたりの配合量は各社で決定しています。

もちろんユーグレナの量が多いほど、原料のコストは上がりますがその分、体への働きの期待値も上がります。

 

気休め程度にしか入っているものではなく、効果が感じられる濃度が入っているものが断然いいはずです。

 

成分の配合量を明記する義務は企業側にはありませんが、濃さに自信のある企業はきちんと明記してあります。

記載していないところは問い合わせても企業秘密ということで、開示してくれないところもあります。

 

ですから、配合量を明記しているのは「品質への自信の表れ」と考えて選ぶと間違いないと思います。

 

また、副成分で選ぶことも重要です。

 

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントの中には、ユーグレナ(ミドリムシ)と合せて他の副成分が配合されていることがあります。

乳酸菌、コエンザイムQ10、セサミン、テアニン、イソフラボン、ローヤルゼリー…etc。参考までにいくつかピックアップをしてご紹介いたします。

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントの副成分

セサミン

ゴマに含まれる成分。セサミンの効果として期待できるのは更年期障害の改善、肝機能を高める。コレステロールや高血圧値の改善、アンチエイジングなど。

セサミンには抗酸化作用があり、活性酸素による細胞の老化を抑制するため、イキイキつやつやした若々しさを維持することができます。

 

コエンザイムQ10

食事から摂取した栄養(たんぱく質や炭水化物)をエネルギーに変える働きがある。

また、抗酸化作用に優れ肌や臓器などの身体の各部のアンチエイジング効果が期待される。

化粧品や美容サプリメント成分としても用いられることが多い。

 

イソフラボン

大豆などに含まれるフラボノイド、ポリフェノールの一種。

女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用があり、更年期障害の諸症状改善やPMS(月経前症候群)の緩和の効果がある。

また抗酸化作用、美肌効果にも優れ女性に嬉しい成分。

 

ローヤルゼリー

ミツバチから分泌される、人の体内では作り出せない9種類の必須アミノ酸をはじめ、40種類以上もの栄養素が含まれている。

それが女王バチを大きく育て、他のミツバチの30倍以上の寿命と、毎日1,500個以上の卵を産み続ける力の源となっている。

 

テアニン

緑茶に含まれるアミノ酸の一種。苦みや渋みはカテキン類で、うま味や甘味はテアニンによるもの。

リラクゼーション効果があり、脳神経の保護作用が期待されている。

 

ビルベリー

フィンランドなど北欧に自生するベリー。

ブルーベリーよりも約4~5倍ものアントシアニンを含むと言われている。

 

ビール酵母

たんぱく質を多く含み、必須アミノ酸をはじめとする10種類以上のアミノ酸、ビタミンB群、ミネラル、食物繊維、鉄分などを多く含む栄養の宝庫。

成人病、肝機能強化、整腸作用、美肌作用などの効果が期待されている。

 

マキュベリー

古くからチリのパタゴニア地方に住む原住民に愛されてきたホルトノキ科の植物。

抗酸化作用に優れるアントシアニンを豊富に含む。

炎症の抑制や老化防止、ダイエットなどに効果的とされる。

 

イヌリン

菊芋やゴボウ、ニラなどに多く含まれる多糖類の一種。糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を和らげる働きがあるため、糖尿病予防に期待されている。

 

コンドロイチン

関節などにある軟骨などに多く含まれている成分。

また、潤滑性などもあり栄養の吸収を助け、新陳代謝の促進にも。

若々しい肌を保ちたい方におすすめの成分。

 

 

 

 

各メーカーが消費者のお悩みを解決するために、様々な副成分を配合しています。

 

ユーグレナ(ミドリムシ)は自然界に昔から存在する生物で、腸をきれいにする働きがあるため、他の栄養素とも相性がいいのも一つの特徴です。

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ