体内のプリン体を排出できる!?絶大なユーグレナの効果とは

プリン体は過剰に摂取すると痛風を引き起こす原因となります。

 

ところで、ユーグレナには体内のプリン体を排出する作用があるといわれています。

今回は、プリン体とはどのような物質なのか、そしてユーグレナはどのようにプリン体を排出してくれるのかについて解説します。

そもそもプリン体って何?

プリン体とは、穀物や肉、魚、野菜などの食物全般に含まれる成分で、旨みを感じる因子の1つでもあります。

 

プリン体は食事によって摂取されるだけではなく、人間の体内でも活発に生成されています。

1日当たりのプリン体産生量の約8割が体内で生成されているのです。

 

プリン体は体内で細胞の代謝や増殖に使われますが、使われずに余ったプリン体は分解され、尿酸に変化してから体外に排出されます。

 

しかし、体内の尿酸の量が排出能力を超えてしまうと関節などに尿酸が蓄積され、痛風などの病気の原因となるのです。

プリン体は摂取してはいけないの?

プリン体が身体に悪いというイメージは世間で定着してしまっていますが、プリン体を摂取することが必ずしも悪いわけではありません。

 

プリン体は遺伝子の構成成分の1つでもあり、人間が生命活動を維持するために必要な成分です。

プリン体は食事で摂取する食べ物の約8割の中に含まれており、新陳代謝によって体内で生成される成分でもあります。

食事からプリン体を摂取する際、含有量が多くない分には問題ありません。

 

しかし、過剰に摂ってしまうと尿酸値が高くなり、痛風の原因ともなるので注意が必要です。

 

1日のプリン体の摂取目安量は400mg以下とされていますので、それぞれの食品に含まれるプリン体の量に気を付けながら食事をしましょう。

 

プリン体の含有量が特に多いといわれている食品にはレバーや白子、アンコウの肝などがあります。

また、アルコールにはそれ自体に尿酸値を高める作用があります。

 

プリン体が多いことで知られているビールだけでなく、アルコールの過剰摂取は避けるようにしてください。

痛風ってどういう病気なの?

痛風はプリン体が分解されることで生成される尿酸が原因で起こることが分かっています。

 

それでは、具体的にはどんなメカニズムで痛風の症状が起こるのでしょうか。

 

まず、プリン体の過剰摂取などで血中の尿酸値が高くなると、余分な尿酸が結晶化して関節の内面に付着します。

そして、血液中の免疫細胞である白血球は尿酸の結晶をみつけると異物とみなして攻撃をはじめます。

 

この白血球の攻撃を受けることで関節内に炎症が起こり、激しい痛みを伴う症状が発生します。これが痛風のメカニズムです。

 

初期症状である痛風発作なら7~10日で痛みがおさまって治るのが普通ですが、多くの場合は1年以内に同様の発作症状が再発します。

再発を繰り返すうちに他の関節にも症状があらわれるようになり、発作の頻度も徐々に高くなっていきます。

 

ここまで重症化すると、尿路結石や腎臓の病気などを併発する恐れがあります。

そして、最終的には重度の慢性痛風へと至ることになります。

 

こうなることを防ぐためにも、日頃の食事からプリン体の摂取量に気を付けている必要があるのです。

 

また、食事と合わせてユーグレナを摂ることも有効な痛風対策となります。

なぜかというと、ユーグレナには余分なプリン体を排出する効果が期待できるためです。

ユーグレナならプリン体を排出できる?

ユーグレナにはパラミロンという成分が含まれています。

 

パラミロンは自然界でもユーグレナにしか含まれていない特殊な成分で、ユーグレナの体内で光合成によって作られた糖類に吸着し、蓄えておくはたらきをする物質だと考えられています。

 

パラミロンはスポンジ状の形をしており、人間の体内に入ると悪玉コレステロールやアレルゲンなどの有害物質に吸着し、そのまま体外に排出するというデトックス効果を発揮します。

 

余分なプリン体もまたパラミロンによって排出される物質となります。

すなわち、過剰にプリン体を摂取してしまったとしても、アフターケアとしてユーグレナを食べることで痛風になるリスクが減る可能性があるということです。

体内のプリン体を減らすためのポイント

ユーグレナがプリン体の排出に効果的なのは先述の通りですが、だからといってユーグレナを摂取するだけで痛風のリスクがまったくなくなるわけではありません。

少しでも体内のプリン体を減らすためには、プリン体の摂取量を減らすような健康的な食生活を普段から心がけるべきなのです。

 

その上で、ビールを飲みすぎたりレバーを食べすぎたりしたときには、ユーグレナを摂取して体内のプリン体の量を調節するようなやり方を実践してみてください。

 

痛風予防にユーグレナをうまく活用していきましょう。

 

 

どんなユーグレナサプリがあるの?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ