ユーグレナ(ミドリムシ)の歴史

ユーグレナとはミドリムシの学名で、「euglena」と書きます。ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。

ユーグレナは5億年以上前に原子の地球で誕生した生き物で人類の大先輩です。1660年代、オランダの微生物学の父と呼ばれたアントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。

 

ミドリムシは鞭毛(べんもう)の近くに光を感じる綺麗な赤い点(眼点)を1つ持っています。この赤い点が美しい瞳に見えたことから「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。

 

その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らがミドリムシを用いて光合成の研究を行い、1961年にノーベル化学賞を受賞しています。

NASAでも大注目のユーグレナ!

1970年代、ユーグレナ(ミドリムシ)は太陽光と二酸化炭素で育つことから、アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙開発の分野でも注目されました。

宇宙空間において、乗務員の呼吸によって排出された二酸化炭素がユーグレナ(ミドリムシ)の成長を促し、結果酸素も得られるというメリットがあったためです。

 

空気の無い宇宙空間においてもユーグレナ(ミドリムシ)は活躍しそうです。

宇宙に人類が進出していくであろう未来では、もっと欠かせない存在になっているかもしれません。

昔から注目されていたのに、どうして今?

1900年代にはユーグレナ(ミドリムシ)を使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定などにおいて研究が行われていましたが、長年実用化には至っていませんでした。

それはユーグレナ(ミドリムシ)があまりにも凄すぎたためです。

 

豊富な栄養素を持つため、他の微生物にとってもユーグレナ(ミドリムシ)は究極のご馳走です。

よって培養しようとしても、少量の細菌や他の微生物が入ることであっという間に全滅してしまったのです。

 

ユーグレナ(ミドリムシ)を大量に培養するのは非常に難しく実現不可能と、多くの研究者の間で考えられていました。

不可能を可能にした東京大学ベンチャー

このユーグレナ(ミドリムシ)が、発展途上国の食糧問題を解決する切り札になると考えた東京大学の研究者が、大量培養の実現に向けた一大事業に挑みました。

栄養価が豊富なユーグレナ(ミドリムシ)なら、栄養不足で生きることができない世界の子供たちを救うことができる!と。

 

研究に研究を重ね、ついに沖縄の石垣島でユーグレナ(ミドリムシ)の大量培養に成功いたしました。

 

これは世界初のことで、いま日本のこのユーグレナ(ミドリムシ)は世界のあらゆる機関から大変注目を浴びています。

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ