ユーグレナは効果なしって本当?危険性はあるの?

ユーグレナは59種類もの栄養をバランスよく含んだ話題の健康食品です。

 

しかし、ユーグレナには効果がないという噂もあります。

そこで、ユーグレナに効果がないという噂が本当なのか、危険性はあるのかについて検証していきます。

ユーグレナが効果なしと評価される理由

ユーグレナが効果なしと評価されることがあるのは、ユーグレナに対する誤った認識が原因であるといえます。

 

ユーグレナはあくまでも継続して摂取していくことで健康をサポートする食品なので、摂ってすぐに健康状態が改善されるという性質のものではありません。

ですから、すぐに効果が実感できると思っている人や、劇的なダイエット効果があると勘違いしている人がユーグレナを摂っても期待通りの効果を得ることはできません。

 

その結果、「ユーグレナには効果がない」という口コミがネット上で出回るようなことが起こるのです。

ユーグレナに期待できる効果って何?

ユーグレナには健康を促進するさまざまな効果が期待できます。

 

まず挙げられるのが便秘を改善する効果です。

ユーグレナにはパラミロンという独自の成分が含まれており、ユーグレナの成分全体の約20%を占めています。

 

このパラミロンは腸内の乳酸菌のエサとなり、乳酸菌の活動を活性化してくれます。

その結果、腸内環境が整って便秘などのトラブルが起こりづらくなります。

 

また、人間の体内に入ると不溶性食物繊維と同じようなはたらきをするので、腸内に水分をたくわえて便を柔らかくし、スムーズな排便を促してくれます。

 

さらに、パラミロンには悪玉コレステロールやアレルゲンなどの有害物質を吸着して体外に排出してくれるはたらきもあります。

もともとパラミロンは光合成によって作られた糖類をユーグレナの体内に蓄えておくためにある成分なので、スポンジのような吸着に適した形状をしているのです。

 

これらのデトックス効果から、ユーグレナにはダイエットやメタボの予防をサポートするはたらきがあるといえます。

 

そして、腸内環境を整えることは免疫力のアップにもつながります。

人間の免疫細胞は約70%が腸内に生息しています。

 

腸内環境が整うことでユーグレナに含まれる豊富な栄養素がこれらの免疫細胞に届きやすくなり、結果的に免疫力が高まることになるのです。

 

ユーグレナにはグリシンやトリプトファンなどの睡眠によい影響を与えるとされる必須アミノ酸が含まれています。

睡眠の質を高めることで、ストレスの解消や疲労回復などの派生的な効果も期待できるのです。

 

ユーグレナを語る上で強調しておきたいのが、栄養素の吸収率が93.1%と他の食品に比べて非常に高いということです。

吸収率が高いために、ユーグレナに豊富に含まれる栄養素は体内で無駄なく利用され、そのぶん健康にも大きな影響を与えてくれるのです。

ユーグレナに危険性はある?

ユーグレナは2006年から市場に出回るようになりましたが、それ以来「副作用があった」という報告は1つも上がっていません。

 

また、5大アレルギー試験や毒性試験など、安全性を確認するための8項目の試験にもパスしています。

 

有害な成分も含まれていないため、ユーグレナには危険性はないと考えるべきなのです。

副作用に注意すべき人って?

ユーグレナに危険性がないことは確認されていますが、副作用が起こる可能性もまったくないわけではありません。

特別な条件に該当する人がユーグレナを摂取する際には気を付ける必要があります。

 

まず、アレルギーを持っている人や医師による食事制限がある人はユーグレナを摂取する前に医師に相談することをおすすめします。

 

また、薬を服用している人も飲み合わせによっては副作用が起こる可能性があるので、医師に相談するようにしましょう。

 

妊娠中、授乳中の女性や乳幼児もまったく危険がないとは言い切れませんので、心配な人はユーグレナを摂取しても大丈夫かどうかを医師に確認するようにしてください。

ユーグレナの効果を実感できる安全な飲み方は?

ユーグレナは過剰に摂取するとお腹が緩くなることがあります。

ユーグレナに多く含まれているパラミロンが食物繊維と同様のはたらきをするので、摂取しすぎると下痢や腹痛を引き起こす恐れがあるということです。

 

便秘を早く治したいからと焦って一気に大量のユーグレナを摂取してしまうと、急激に下痢になったり、トイレに行く回数が増えたりすることがあります。

この症状はコレステロールや毒素が排出されれば腸内が浄化されて落ち着いてきますが、お腹が緩くならないならそれに越したことはありません。

 

ユーグレナを使用する際はサプリメントなどに付いてくる案内をよく読み、過剰摂取はせずに適切な量を継続して摂ることが重要なのです。

 

 

どれがいいの?ユーグレナサプリおすすめ10選

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ