ユーグレナでコレステロール値を下げられるの?実際の効果は?

健康診断などの血液検査の結果、コレステロールの数値が高いことがわかった場合には、生活習慣を見直す必要が出てきます。

気になっているものの忙しくて実践できないようなときに、サプリメントでの対策を考えることもあるでしょう。

 

健康食品として注目されている藻の一種、ユーグレナですが、コレステロール値の改善にも役立つといわれています。

 

では、実際にユーグレナで対策ができるかについて解説します。

そもそもコレステロール値って?

健康情報などを見ていると、コレステロールは何かと悪役として見られがちです。

 

しかしコレステロールは生命の維持に欠かせない脂質の一種で、細胞膜や性ホルモン、胆汁酸などの材料になります。

 

血液中にある脂質の中で、血液中の脂質が増えすぎる病気である脂質異常症に関わっているのがコレステロールと中性脂肪です。

この病気は、多くは脂肪を摂取しすぎる食習慣や運動不足によって起こって動脈硬化のリスクを高くしてしまうため、悪いのはコレステロールそのものではなく生活習慣なのだといえます。

 

コレステロールはその役割に応じて善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)に分けられます。

HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に運びます。

 

LDLはコレステロールを全身に運びます。

しかし増えすぎると血管壁に溜まってしまうため、動脈硬化を進行させてしまいます。

コレステロール値が高くなってしまうのはなぜ?

コレステロールの中でも特に問題になるのが、悪玉であるLDLコレステロールが過剰になることです。

 

では、LDLコレステロール値が高くなってしまうのはなぜかというと、ほとんどの場合が問題のある食習慣です。

コレステロールや飽和脂肪酸の多い動物性脂肪、魚卵や乳製品、トランス脂肪酸を含むマーガリンや洋菓子などの摂り過ぎが原因になります。

 

また、中性脂肪値が高くなることでHDL値が下がり、LDL値が上がるということがわかっています。

中性脂肪値が高くなるのは、アルコールや糖質のとりすぎが原因です。

 

その他、食習慣以外にも運動不足や喫煙、過度の飲酒などの生活習慣が危険因子です。

睡眠不足などの質の悪い睡眠も、生活習慣病のリスクを高めることがわかっています。

 

また、生活習慣病は合併症も起こりやすいので、高血圧や糖尿病などによって脂質異常症が起こることがあります。

生活習慣病ではなく肝臓病や甲状腺の機能低下が原因であることも考えられます。

 

そしてごく一部ですが、遺伝が原因でコレステロール値が高い人も存在するのです。

コレステロール値軽減にユーグレナが役立つ理由とは?

では、ユーグレナがコレステロール値を下げるとされるのはなぜかというと、ユーグレナに含まれている特有の成分でβ-グルカンの一つである「パラミロン」に、体内にある余分なコレステロールや中性脂肪を吸着して抱え込む性質があるためです。

 

β-グルカンはキノコ類に豊富で食物繊維のような働きをします。

パラミロンは表面に無数の穴があいた形状をしており、その穴にコレステロールや老廃物を抱え込むのです。

 

パラミロンは難消化性といって腸では吸収されないので、コレステロールや中性脂肪も吸収されることなくそのまま体外に排出されていきます。

摂取したコレステロールが吸収されずに体外に出ていくことで、コレステロール値を下げるのに役立つとされているのです。

 

パラミロンにはその他にも腸内環境を整えたり、体内に蓄積された重金属を排出したりと健康に良いさまざまな作用が期待できます。

パラミロン以外にもある効果的なユーグレナの栄養素

ユーグレナに含まれている豊富な栄養素の中には、パラミロンのほかにもLDLコレステロール値を下げるのに役立つものがあります。

 

まずDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富です。

DHAは青魚やえごま油、亜麻仁油などに豊富に含まれる脂肪酸で、EPAも青魚に多く含まれており、どちらも動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸とは逆に、血液中のHDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きをするのです。

ほかにも健康に良いさまざまな作用があるといわれており、注目を集めています。

 

また、ユーグレナに含まれる葉緑素、クロロフィルもパラミロンと同じような働きをするとされます。

体内で過剰になったコレステロールや有害な物質を体外に排出し、腸内環境を整えるのに役立つといわれています。

コレステロール値を軽減するためのユーグレナの飲み方は?

コレステロール値を下げる対策としてユーグレナを取り入れる場合、摂取するタイミングによって働き方が変わるのであれば気をつかって取り入れたいものでしょう。

 

しかしユーグレナは薬ではなく健康食品ですので、サプリメントなどのパッケージにはどのタイミングでどんな分量を飲むという服用方法の表記は薬事法によって禁じられています。

 

長年の研究によって、ユーグレナには細胞壁がないために吸収率が非常に高いことがわかっています。

そのためどんなタイミングで摂取しても体によく吸収されて働いてくれることが期待できます。

 

しかし朝の起床直後や毎食後には、消化器官の働きが活発であることがわかっています。

そのようなタイミングであれば、より吸収率を高められることが考えられるでしょう。

 

ところでユーグレナを取り入れさえすれば、生活習慣を改善する必要はないと考えがちですが、あくまでユーグレナは栄養補助食品です。

食生活をあらため、適度な運動も習慣づけたうえで、ユーグレナを強力なサポーターとして利用するようにしましょう。

 

 

どんなユーグレナサプリがあるの?

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ