ユーグレナのサプリや健康食品に副作用はないの?

栄養成分豊富で健康に強い味方となるユーグレナですが、副作用の心配はないのか?と心配されている方も多いと思います。

 

そんなユーグレナの安全性についてまとめました。

ユーグレナに副作用の心配はある?

ユーグレナは薬ではなく、あくまでも食品です。ですので副作用はありません。

ユーグレナが商品として販売を始めて以降、これまでに副作用に関する報告は1件もないようです。(2018年6月時点)

ですので、安心して摂取して頂くことができます。

 

ユーグレナを商品化する前に以下のような安全確認試験が実施されています。

 

①雌マウスを用いた急性経口毒性試験
②ラットを用いる13週間反復経口投与毒性試験(GLP対応)
③最近を用いる復帰突然変異試験(GLP対応)
④菌類や有害重金属等の安全性試験
⑤Rec-assy:致死性試験
⑥5大アレルギー試験
⑦フェオホルバイド含有量調査試験
⑧残留農薬および動物用医薬品780項目一斉分析試験

 

上記は株式会社ユーグレナによる試験結果です。

商品にユーグレナマークが付いていれば、ユーグレナ社製のミドリムシが使用されていることの証明となります。

他の薬との飲み合わせやアレルギーは?

副作用の心配はないユーグレナですが、現在何かの疾病によりお薬を服用されている方、医師から食事の制限を受けている方、妊娠中および授乳中で体調がすぐれない方、などはかかりつけのお医者さんにご相談の上、摂取をご検討ください。

 

また、ユーグレナのサプリメントや食品には、ユーグレナだけではなく他の副成分が一緒に配合されていることが多くあります。

その成分がご自身の持つアレルギーなどに影響がないかを調べる必要があります。

 

また、よくある疑問にユーグレナにヨウ素(ヨード)は含まれているのか?というものがあります。

甲状腺を患っている方にとってはヨウ素の過剰摂取は厳禁です。

 

ヨウ素は昆布などの海藻類に多く含まれるため、ユーグレナにも含有されているという見方があるようです。

しかしながら、ユーグレナは淡水で生息している生物のため、ヨウ素は含まれていません。

ですので安心して摂取できます。

おすすめの摂取量を

ユーグレナには特有の成分「パラミロン」が含まれており、これが体内の余計な脂分や有害物質などを吸着して、体外に排出してくれるという力があります。

いわゆるデトックス作用です。

 

このことで、ユーグレナを摂取してお腹が緩くなった、という認識になる方もいらっしゃいます。

 

これを好転反応ととるかどうかは、個々で変わると思いますが、いずれにせよ過剰摂取はおすすめできません。

各商品でおすすめの摂取量がありますので、それをきちんと守ってください。

 

ユーグレナの推奨摂取量は1日500~1,000㎎と言われています。

商品を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ