ユーグレナの鉄分は吸収されやすい!そのメリットは?

鉄分は女性にとって必要不可欠な栄養素のうちの1つです。

鉄分補給のために食事に気を遣っている方も少なくないですが、あまり効果が得られないとの理由からユーグレナで鉄分を摂取しているという方が増えています。

 

食品とユーグレナでは吸収率にどのくらい差があるのでしょうか?

ユーグレナで鉄分補給するメリットとあわせてご紹介します。

鉄分の働きを覚えておこう!

体内にある鉄分の量は3~4gで、そのうちの7割は、血液中の赤血球(ヘモグロビン)の成分が占めており、「機能鉄」と呼ばれています。

 

機能鉄は呼吸によって体に入ってきた酸素と結びついて、全身に酸素を運ぶ働きがあります。

酸素が不足すると酸欠状態になりさまざまな弊害を引き起こしてしまうため、この働きは大変重要です。

 

そして、機能鉄として使われなかった鉄は、肝臓や骨髄などに蓄えられます。

これを「貯蔵鉄」と呼び、機能鉄が不足したときに放出され、鉄分としての役割を担います。

 

また、鉄は酵素の構成成分としても働きます。鉄が材料となる酵素の中には「P-350」という酵素があり、肝臓の解毒を行うという役割を持っています。

体外から取り込まれた毒素を排出し肝臓機能を正常に保つためにも鉄分は欠かせないものなのです。

貧血の原因は鉄分不足とは限らない!

鉄分の不足によって引き起こされてしまう病気としてよく知られているのが鉄欠乏性貧血です。

通常、機能鉄が足りなくなると貯蔵鉄が使われるのですが、その貯蔵鉄さえなくなってしまうと、体内で在庫切れを起こしてしまいます。

そうすると、動悸、息切れ、免疫力の低下などの貧血症状がみられるようになります。

そのため、貧血になったら鉄分を摂取して改善することが多いです。

 

しかし、貧血の原因は鉄分不足だけではありません。

驚くことに、貧血対策として摂取した鉄分サプリが原因になることもあるのです。

 

鉄分を摂取しているのになぜ貧血になるのかと疑問に思う方は多いでしょうが、過剰に摂取すると、貯蔵しきれない鉄分が体内で余ってしまいます。

この余った鉄は体内に「アルデヒド」という毒性物質を作り出し、エネルギーの生産を阻害します。

 

エネルギーが作られないと、冷え症が引き起こされ、血流が悪くなり、結果的に貧血状態に陥ってしまうのです。

 

また、貧血の裏には別の病気が隠れている場合もあります。

がん、白血病、多発性骨髄腫などの病気は貧血を伴うことが多いため、貧血がなかなか改善しない場合は早めの受診をおすすめします。

鉄分を多く含む食べ物は?

鉄分が多く含まれている食べ物として広く知られているのが、動物性食品ではレバー、赤身の肉、カツオ、植物性食品ではひじき、小松菜、納豆です。

 

含有量が多いものではレバーが有名で、同様に多く含まれていると言われている小松菜では50g中1.9mgなのに対し、レバーでは50g中6.5gと3倍以上になります。

 

レバーをたくさん食べようと思いがちですが、同じ物ばかり食べているとその他の栄養に偏りが出てしまいますので、他の鉄分を多く含む食品も利用しながら食事をする必要があります。

鉄分の吸収率は低いことに注意!

鉄分が多く含まれている食べ物をご紹介しましたが、残念ながらそれらを食べるだけでは鉄分不足は改善されません。

それは食べ物からの鉄分の吸収率が低いことにあります。

 

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、摂取できる鉄分のうち、動物性食品からのものがヘム鉄、植物性食品からのものが非ヘム鉄となります。

 

吸収率はヘム鉄のほうが高いですが、吸収率はわずか2割ほどです。

 

さらに非ヘム鉄はそのおよそ6分の1と低いのに加え、吸収する際に活性酸素を作り出してしまいます。

 

活性酸素は粘膜を攻撃し、口内炎や胃の粘膜障害などを引き起こします。

 

また、鉄分の吸収を阻害する因子であるタンニン(緑茶、紅茶など)、フィチン酸(玄米、穀物の外皮)、食物繊維(おから、大豆など)と一緒に摂取すると、さらに吸収率は低下してしまうのです。

吸収率のよいユーグレナで鉄分を補給!

豊富な鉄分を含み、かつ吸収率も高いものにユーグレナがあります。

ユーグレナ100g中には43mgもの鉄分が含まれており、女性が1日に必要な鉄分量を十分に満たしているのが特徴です。

 

そして、注目すべきはその吸収率です。

ユーグレナの鉄分の吸収率は9割と高く、摂取した分のほとんどを体内に吸収することができます。

せっかく摂取した鉄分を無駄にせず効率的です。

 

また、鉄分が赤血球を作り出すのに欠かせないビタミンB12やビタミンE、吸収率をさらに引き上げるビタミンCのようなお助け栄養素が豊富に含まれています。

それらの栄養素が鉄分に作用して不足を補い、鉄分が足りないことで引き起こされる貧血の改善を助けてくれるのです。

 

このことから、ユーグレナは鉄分補給の強い味方といえるでしょう。

 

 

今おすすめのユーグレナサプリはこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ