クロレラよりもすごいパワーを秘めたミドリムシ(ユーグレナ)

栄養価が豊富なサプリメントとして人気があり、認知度も高い「クロレラ」。クロレラはミドリムシと同じ藻の仲間です。

クロレラとミドリムシ(ユーグレナ)が大きく異なる点、それは

 

クロレラ=植物性の栄養素のみ

 

ミドリムシ(ユーグレナ)=植物性と動物性の栄養素を併せ持つ

 

というところです。

 

理想のサプリメントとして今まで君臨してきたクロレラを抜く凄さがミドリムシ(ユーグレナ)には秘められています。

クロレラよりも凄い理由① ミドリムシ(ユーグレナ)の栄養素はクロレラ以上!

クロレラはサプリメントとして非常に高い認知度を誇っています。

ミドリムシ(ユーグレナ)よりも遥かに高いはずです。

 

クロレラとミドリムシ(ユーグレナ)は同じ仲間なので、非常によく似た働きがあります。

例えば「葉緑素(クロロフィル)を持ち、自ら光合成をおこない栄養を生み出す微生物である」「栄養素が豊富にある」ことなどです。

 

よく似たクロレラとミドリムシ(ユーグレナ)ですが、圧倒的に違うことがまずその「大きさ」です。

 

クロレラ:直径2~10μm

ミドリムシ:長さ30μm~100μm、幅10μm

 

イメージしにくいかもしれませんが、ミドリムシ(ユーグレナ)の方がクロレラに比べて約3,000倍も大きいのです。

つまり、その中に含まれる栄養素の量もミドリムシ(ユーグレナ)の方が断然多いということです。

クロレラよりも凄い理由② ミドリムシ(ユーグレナ)は動物性の栄養素も持っている

ミドリムシ(ユーグレナ)は自ら動き回ることができ、動物性の要素を持ち合わせているため、植物には含まれないDHAやEPAなどの栄養素も豊富に含まれます。

 

それに比べてクロレラは植物プランクトンなので、ミドリムシ(ユーグレナ)のように動物性の働きを持っていません。

そのためクロレラにはミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる不飽和脂肪酸(DHAやEPA)のような動物性の栄養素が含まれていません。

 

栄養バランスの面でもミドリムシ(ユーグレナ)が勝っているのです。

 

DHA/EPA

 

ミドリムシには豊富だが、クロレラには含まれない。青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸で、脳に良いと言われる。

 

 

ビタミンB2

 

クロレラ < ミドリムシ(約1.3倍)

 

 

ビタミンE

 

クロレラ < ミドリムシ(約4倍)

 

 

亜鉛

 

クロレラ < ミドリムシ(約80倍)

 

 

アミノ酸

 

クロレラ(アミノ酸スコア54) < ミドリムシ(アミノ酸スコア83)

 

クロレラよりも凄い理由③ ミドリムシ(ユーグレナ)はクロレラより消化吸収率が凄い!

植物と動物では栄養の消化吸収率が異なります。

動物性の栄養素の方が消化・吸収されやすい構造をしています。

 

ミドリムシ(ユーグレナ)は動物性も植物性も持ち合わせているため、非常に消化吸収されやすい構造になっています。

 

その理由は、動物性の細胞は柔らかい細胞膜にしか包まれておらず、これは人間の消化酵素で簡単に溶かすことができますが、植物性の細胞は硬い細胞壁に覆われているため、加熱や切断をしないと吸収効率が上がらないためです。

 

ミドリムシ(ユーグレナ)は動物性の性質をも持つことから、硬い細胞壁がありません。

そのため含まれている栄養素の93.1%が私たちの体に消化吸収されます。

 

一方、クロレラは植物プランクトンなので硬い細胞壁に覆われています。

同じ植物である野菜が消化吸収される割合は約40%と言われています。

 

<栄養吸収率>クロレラ:約40% < ミドリムシ:93.1%

 

私たち人間の体内に、効率よく吸収されるミドリムシ(ユーグレナ)が、天然のサプリメントとして王者に君臨する日もきっと、近いうちに訪れるのではないでしょうか。

 

クロレラも素晴らしい健康食品ですが、どうせ摂るならより体にも良く、より効率的に吸収され、より効果を感じられるものがいいですね。

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

こちらの記事もおすすめ